[IT'S NOT] WORLD'S END

プロ診断イエベ秋ウェーブのよわいおたくがカッコイイを目指して一生懸命生きています。

骨格診断に行った話をします

宇田です。すっかり春めいた日々ですが、今週はまだ冷える日があるとのことで要注意だなあとくしゃみをしながら考えています。

そうですついに骨格診断を受けてまいりました!

わたしが行ったサロンはPC診断+骨格診断のセットだったので、二回目ですがPC診断も受けてきました。特に色は複数の人に見てもらった方が信憑性上がるしね~

 

ちなみに自己診断はウェーブかナチュラルで、ストレートはないと思っていました。

PCについては以下をご覧ください~

t0k1nata.hatenablog.com

 

さて、PCに骨格診断、見た目の印象を判断するため警戒したわたしは、当日ボートネックのブラウスにひざ丈フレアスカート、ショート丈ブルゾンという、自分では一番似合うと思うコーデで挑みました。普段あまり似合わないと自覚しながらも好きだからと着ているTシャツにデニムは封印しました…心の小ささが目に見えます。武装してなんぼです。

 

中に入りまずそれぞれがどういった診断で、何を目的にしているのか、簡単な説明をうけます。要は「その人の魅力を一番引き出せる傾向を見る」というところですね。

で、まず骨格診断から、ということで、簡単な質問をされます。「どうして骨格診断を受けようと思ったんですか?」と聞かれ、

  • なんとなく、自分の好きと似合うがズレている気がする
  • 何着たらいいのか分からなくなっていた
  • トップスを出すとだらしなくなってしまう
  • どうせならきれいに見える格好がしたい

ということを答えました。そのあとバレエ教室のような鏡の壁の前に立ち、先生が軽くタッチしながら体のつくりを見ていきます。

 

わたしの体の特徴は

  1. 手は骨ばっている(ナチュラル)
  2. 親指と人差し指の間の水かきが硬い(ナチュラル)
  3. 首は長め(ウェーブ)
  4. 胸板、肩がなだらかで薄い(ウェーブ)
  5. 下半身に厚みがあり、重心が低い(ウェーブ)
  6. 体の肉質は柔らかめ(ウェーブ)

 

ということでした。最初手だけ触った感じでは「ナチュラルかも?」と言った印象を受けたそうですが、体全体のバランス的にはウェーブの要素の方が圧倒的に強いということでした。鎖骨が出ているのは脂肪が少ないからそう見えるだけで、骨自体は大きくないそうです。ストレート要素は皆無。

胸板の薄さについても身に覚えがあって、貧乳だということを除いても少しでも襟ぐりの開いた服を着るとだらしなく開いてしまうんですね。かっこよく着ている人を見ていいなあと思っていたのですが、骨格的に薄いということを言われるとなるほどなあと思いました。

www.cecile.co.jp

似合う服一覧はこういうのを検索して見てみればわかるのですが、実際に3タイプ別の「向いているジャケット」を着させて頂きました。

  1. ストレート→襟が深いテーラードジャケット
  2. ウェーブ→ノーカラーショートジャケット
  3. ナチュラル→オーバーサイズのロング変形カーディガン

これがまあわかりやすくて、1だと着せられて着ました感がものすごく、3だと野暮ったさがすごかったんですね。なのに2だとすっきりしてスタイルがよく見える。「ひゃあ~」と声が出てしまいました。なんとなくフェミニンすぎるなあと避けていたノーカラーが一番似合うというのは衝撃でしたね。

ただし3のカーデもショートにするとわりとすっきり着られました。丈って大事ね。

 

そのあと長さの異なるネックレスをつけたりベルトで疑似的にウエストラインを作ってみたところ、どちらも高い位置に合った方が体がきれいに見えました。圧倒的差異です。こんなに変わるのかよ~とびっくりでした。ここで「ウェーブですね」と。わたしもそう思います~と思いながらはあいと答えました。

 

当日着ていた服について「骨格診断的には完璧ですよ!こんな感じがお似合いって言うんです」とのことでした。自分の感性、もう少し信じてあげることにしました。それと同時に好きだった系統はあまり向かないのかなあと思ってちょっとしょんぼり。でも「素材や色、デザインを選べばお好きな系統にも持っていけますから、ぜひ探してみてくださいね~」とのことで、あくまで「ウェーブ=ボディコンシャスでキュート」なのはイメージでしかないということでした。そりゃそうだね。しょんぼりしないようにします。

 トップスは胸元がしっかり隠れるタイプで、それこそクルーネックやボートネックは向いているということ。ボトムはとにかくウエスト位置は高めをキープすること(笑)が大事。それからアクセサリーは短めでやや大ぶりなものが向いていて、なるべく鎖骨周辺にポイントが集まるようにすると良いとか。特にわたしは髪がショートなので、首回りが寂しくなりがちです。ネックレスでボリュームだしたり胸元はカバーできる服の方が薄さが目立たなくなるのでオススメですということでした。よく考えたらもうウン年担当してもらっている美容師さんは「鎖骨くらいの長さのパーマ」がイチオシでした。一生ついていきます。でもショートが好きです。

 

 PC診断については改めての診断になりましたが「ディープカラーが特に似合うオータム」ということでお墨付きを頂きました。「ペールカラーは少しぼやけますが、濃い色には顔が負けないどころかより引き立ちますね」、とのことでした。ブルベカラーは露骨に顔に反射しますね。影響受けやすくてすごいです。

今回伺ったサロンはPCは7分割(イエベ系4、ブルベ系3)のセブンシーズンメソッドでしたが、診断の結果、ディープオータムになりました。アーリースプリングとオータムは白みが強く色が顔に負け、スプリングではブライトすぎる…ということで、一番顔立ちがはっきりと見え顔色もよく見えたディープオータムに軍配が上がりました。速かったです。

image-up.jp

夏場どういう色を選んだらいいかわからない、オータムの色って重くなりがちじゃないですか?と聞いてみたところ、「暗い色の方が案外涼しげに見えますよ」と。盲点。白系やグレーに比べると、ネイビーや黒は悪くないですよ、ということで、この夏は暗めの色味で攻めてみようかと思います。 あまり白みの強い色は似合わないなあと言うのは気のせいじゃなかったみたいでした。

 

 最後にウェーブ・ディープオータムそれぞれについて詳細に解説されている用紙を頂いてアンケートを書いて終了。自分のことを客観的に見る機会って中々ないので、楽しかったです。そのあとヒカリエ行ってくるくる見てきたのですが、このデザインは~とかこの色は~って考えながら見られるので、お洋服買う参考になります。今月は買い物を控えているので見送りましたが。

 

以上で骨格診断+PC診断のお話は終了です~!こういう服だったらこう着ればいいんだなっていうのが分かるのでとても勉強になりました。ゆるふわOLの擬態が得意だと思っていたのですが思い込みじゃなくて安心しました~!イエーイ!

かわいらしいイメージの強いウェーブタイプという診断でしたが、今後もわたしはカジュアルとマニッシュを作り上げていきます。これからは「イエベ秋ウェーブがカッコいいを作っていくブログ」としてもがんばって模索していきます(笑)

 

 

おわり