[IT'S NOT] WORLD'S END

明るく楽しく元気よく平和に遠距離5年目。プロ診断イエベ秋。たのしいことが好き。

PMS改善のために超低用量ピル「ヤーズ」を飲むことになった話をします

表題のとおりです。

いま月経移動のために中容量ピル「ソフィアA配合錠」を飲んで、重篤な副作用を発症せず良いこと尽くめだったので低用量ピルの定期服用をすることにしました。普通だったら逆だろ?って感じですけどね!

ただソフィアAの処方を受けた病院ですが、先生があんまり好きじゃないというか、相性が悪い感じがしたので、今回は別の病院にかかることにしました。急な思い付きだったので日曜日にやっていて、ピルについて記載がされていて、先生が臨床医かつ専門医で、患者数も多くて、職場か家から通いやすくて、駅から近くて、初診がウェブ予約可で、かつそこそこ予約通りに案内され、総合病院との連携が取れているところ。めーーーっちゃこだわって選んだんですよ!もう!日曜診療可な時点でかなり絞り込まれてしまったんですがね!値段についてはあんまり気にしませんでした。命にかかわることですし、ちゃんと時間を取ってちゃんとお話を聞いてくださって、ちゃんと説明をして頂けるならそれでいいやって言う気持ち。金はない貧乏人だけどさ!!!わたしは聴覚系の医療機器を扱っていて、実際に患者さんともお話することが多いので、外来にはこだわりがあるんですよねえ……*1

 

日曜日のお昼に受診しました。着いた時あまりにも自分のイメージする婦人科外来と異なりすぎて、ドアを開けて受付の方と目が合って、閉めるという動作を初めてしました。エステサロンみたいでびっくりした。某高級繁華街だったので土地柄もありそうですけれど。受付の方は男性だったんですけれどとっても柔和な方で親切でした。うう、すでに泣きそう*2

問診票に記入して待機。ソフィアAなう!もうすぐ飲み終わりうぃる!*3ということもしっかり記入。エリートびびりなので書ける不安要素は全部書く。

予約時間から10分ほどたったあたりで呼ばれました。10分とかめちゃくちゃ許容範囲です。わたしはかつて1時間待たされたことがある待機児童なので、10分は可愛いよ!うれしい!看護師さんが診察券番号で呼んでくれます。そういう気遣いもいいよね。看護師さんめちゃくちゃ優しそうだ~え~ん。と思いながら診察室に。せ、せんせいめちゃくちゃきびしそう・・・・・・。ビビりだすエリートびびり、カバンを置いて先生の横に座る。

先生「今日は、ピルだね。避妊目的?」

わし「あ、はい、そんな感じです(←特に目的は決めてなかったのでとりあえず今持ってる不調全部解決するんじゃね?みたいな気持ちでいた)」

先生「結構生理痛とかはひどい方?」

わし「初日がひどいです。うめいています」

先生「ふんふん」

このあたりから「あっ……聞いてくれてる……」と感動して口が動き出す。

わし「あとPMSもひどくて」

先生「そうなの?たとえば?」

わし「腰痛、頭痛、眠気、肌荒れ、あと精神的な乱れが特にひどくて」

先生「なるほど」

わし「突然キレちゃったり、あと、死にたくなります」

先生「わかりました。量は…(問診票を見て)あ、ちょっとおおめなのね」

わし「はい、一日目が多くて夜はこぼれがちです。あとは普通だとおもいます」

聞いてくれる嬉しさにじんわりしていると、先生、問診票をじーっと見ながら

先生「じゃあ月経困難症にも対応できるピルにしようか。今検査しちゃおう。保険適用になるし…それで大丈夫?」

わし「あ、はい」

そういうわけで検査をすることに。

実はわたし、母方が筋腫の家系なんですよね。祖母も母ももっていたので(特に重篤な症状はなかったみたいで経過観察で終わりましたが)、子宮に対する不安はそこそこありました。去年受けた検診では異常はないけど一応気にしておいてね!っていう結果だったので、一年経つしまあついでだし、と思って検査受けちゃいました。

 看護師さんに案内されて検査室へ。うわ!でた!このハイテク椅子!久しぶりに対面してちょっとテンション上がる。スカートだったので下着だけ脱いで椅子に座ると、うごいたーーーーー!!!バカなので動く椅子にはテンションが上がりがちです。

いやもう何が起こっているのか全くわたしからは見えないのでわからないんですけど、内診と超音波検査だったみたいです。ちょっとい゛た゛い゛い゛い゛って心が叫びたがっていたけれど声にはしませんでした。えーんえーん。 まさぐられてるよー。脱毛後だったので剃毛済みでした。検査しやすかっただろうな!

検査時間自体はそんなに長くなかったです。終わってすぐまた診察室に戻って先生の話を聞きます。エコー画像見せてもらった。こ、これがわたしの子宮……生命の神秘です。わたしにもちゃんと子宮があります。中に赤子はいません。先生によるとわたしは「子宮後屈」というタイプらしく、比較的生理痛やPMSが出やすい傾向にあるらしいです。おれじゃん!!*4

www.selfdoctor.net

結果的に器質的な疾患はないようで、いわゆる「機能性月経困難症」に分類されました。おれ!このことば!しってる!*5そういうわけで、処方時チェックシートに回答して、今回は「月経困難症治療薬」のヤーズを処方してもらいました。

くすりのしおり | くすり詳細

添付文書

医療機器やさんだからすぐ添付文書見る!

世界的にも処方されているピルで、欧米では主に避妊薬として使用されているらしいです。なので正しく飲めばちゃんと避妊の効果もあるとのこと。

先生からヤーズについて、細かく説明をうけました。いまソフィアを飲んでいるので、飲み方としては同じように同じ時間に毎日飲むこと。今回は4錠偽薬があるので、その4錠も忘れずに飲むこと。偽薬の最中に生理(消退出血)が来て、生理自体も軽くなること。そして、血栓症の可能性があること。ここについてはとっても詳しくお話してもらいました。突然の脚の痛みやしびれ、手足の脱力感や麻痺、胸部の疼痛、息切れや息苦しさ、舌のしびれやろれつが回らない、目まいや視界の欠如などが出たら、まず飲むのを辞めて診察を受けてください、ということでした。

月経困難症治療薬・ヤーズでブルーレター 血栓症による死亡例 | 国内ニュース | ニュース | ミクスOnline

死にたくないので気をつけます!

でもこれってヤーズに限ったことではなくて、ピルではどれを飲んでも起こり得る副作用なんですよね。だからヤーズだから注意する!じゃなくて、ピルを飲む以上まず常に念頭にないといけないことです。ピルはサプリメントでもないし万能薬でもないっていうことを改めて実感。個人輸入は絶対にやめよう。あと念のため母親にも情報共有しよう~。母が薬剤師やっているので、とても心強いです。何かあったとき知らないよりは身近な人が知ってる方がいいよね。

 ・・・・・と思ったところで、あれ?わたしソフィアA配合錠処方されるときに血栓症の話されてないぞ・・・・・・?と気付き、改めて病院変えてよかったとおもいました。

 服用自体はソフィアAを飲み終わって最初の出血日からになりました。ヤーズ、不正出血が起こりやすいっていうことだったので「ダラダラと血がでるのも面倒だと思うし、旅行行くなら旅行のあとでもいいと思うけど」って言われたんですが、旅行の目的がアレだから飲まずにはおれんですよ。飛行機乗るならちゃんとお水飲んで、こまめに歩くとか屈伸するとかして動いてね~って言われました。通路側取ったのせいかいだった!

先生、さいしょは「きびしそう……こわい……」と思っていたのですが、実際はとても理路整然としていてしっかりと必要なことを説明して下さる最高の先生でした。土地柄夜のお仕事している患者さんも多いだろうし、対応にも慣れていらっしゃる。ああ~ここ来てよかった~~~~~。さいご、「ぜんぶ飲み終わる前に来てください、はい、じゃあこれでおしまいでーす」と言われ、診察終了。

 

料金自体は今回は保険適用だったので初診料+検査で3000円ほど。薬が院外処方だったので、薬だけ地元の調剤薬局持っていきました。3000円ほど。あわせて6000円でおつりがくるかんじ。調剤薬局も婦人科が近くにあるところを選んだので、そこの薬剤師さんもしっかり説明してくださいました。わからなくなったら母に聞きます。あとこれで調子よくなったら母に調剤してもらおう~。いちいち薬局行かなくて済むし、余裕を持って処方箋をもらえば急ぐものではないですしね。

 

以上が診察でした。まだ飲み始めていないのでまた何か起こったら記録に残そうと思います。わたしが血栓症で死んだらこれ読んでくれよな!

 

おわり。

*1:イキリオタクの顔

*2:優しさに飢えている

*3:古い

*4:おまえの話をしているんだ

*5:難聴にも機能性難聴っていうのがあるので